宗教と墓石

日本は、特殊な宗教形態を持っている国です。
他の国では見られない、様々な宗教が混在している環境が、冠婚葬祭の儀礼を分かりにくくしていると言えるでしょう。
結婚はキリスト教式で行う人や神道式で行う人が多いですが、仏教式で行う人はそれほど見られません。
それに対して、葬儀についてはほとんどの人が仏教式を採用しているというのが実状です。
キリスト教式の埋葬は土層であるため、日本の法律上できないということも理由の一つですが、特異な環境だといえるでしょう。


このような宗教観の背景となっているのは、日本独自の宗教である神道の価値観にあります。
神道は形式として、精霊信仰に近いスタイルです。
自然の全てのものには神がいる、という考え方で、多くの神が存在していることに疑問をいだきません。
その範囲は仏教やキリスト教の神仏にまで及び、彼らの存在すらその懐に受け止めているわけです。
つまり、キリスト教による結婚式も、仏教による葬式も、ある意味では全て日本式神道における結婚式と葬式ということも出来るわけです。


さて、そんな複雑な環境の中で、特に迷ってしまうことが多いのが葬儀に関係する内容についてです。
自分の親や配偶者などが亡くなった場合、その人をどう埋葬するのかを考えなければなりません。
その中で疑問に思うのが、墓石の準備です。
墓石は、いつ購入するべきものであるためしょうか?これは明確なルールがあるものではないため、様々な考え方が可能です。